ホーム > 診療科のご案内 > 健康診断・人間ドック(健診センター) > 特定健診・特定保健指導

平成20年度4月から始りました。

「特定健診」「特定保健指導」

内臓型肥満(メタボリックシンドローム)に着目した健診・保健指導の内容になります。

「特定健診」「特定保健指導」の目的

糖尿病等の生活習慣病を予防し、重症化を防ぐこと。増え続けている医療費の伸びに歯止めをかける事です。その為に受診者全員に対して、必要に応じた保健指導が行われます。

メタボリックシンドロームとは

「内臓脂肪の蓄積と、それを基盤にしたインスリン抵抗性及び糖代謝異常、脂質代謝異常、高血圧を複数合併するマルチプルリスクファクター症候群で、動脈硬化になりやすい病態」と定義されています。つまり食生活やライフスタイルの変化で肥満の人が増えてきており、その中でも特に「内臓脂肪の蓄積による肥満から来る代謝機能の不調から起こる高血糖、高血圧、脂質異常の状態(内臓脂肪症候群)」が、糖尿病や心疾患、脳血管疾患などの生活習慣病の発症と大きく関連しています。

40~74歳男性2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームまたはその予備軍とされています。

高脂血症、高血糖、高血圧、肥満のうち3個以上合併すると冠動脈疾患の発症率は35倍以上にふえるということも報告されています。

特定健診・特定保健指導の対象となる方は
40歳以上75歳未満の医療保険加入者です。

特定健診 基本的な項目

項目  
既往症の調査(質問表) 服薬歴及び喫煙習慣の状況に係る調査(質問表)を含む
自覚症状及び他覚症状
の有無の検査
理学的検査(身体診察)
身長、体重及び腹囲の測定  
BMIの測定 BMI=体重(kg)÷身長(m)の2乗
血圧の測定  
肝機能検査 GOT GPT γ-GTP
血中脂質検査 中性脂肪 HDLコレステロール LDLコレステロール
血糖検査 空腹時血糖またはHbA1c
尿検査 尿中の糖及び蛋白の有無

詳細な健診の項目(医師の判断による追加項目)

追加項目
1.貧血検査 (ヘマトクリット値、 血色素量及び赤血球の測定)
2.心電図検査 (12誘導心電図)
3.眼底検査

保健指導対象となる方(医療保健者より利用券発行)

腹囲 喫煙歴 追加リスク 対象
①血糖 ②脂質 ③血圧 40~64歳 65~74歳
男性85cm以上
女性90㎝以上
--- 2つ以上該当 積極的支援 動機付け支援
あり 1つ該当
なし 1つ該当  
腹囲は該当せず
BMI25以上
--- 3つ該当 積極的支援 動機付け支援
あり 2つ該当
なし 2つ該当  
--- 1つ該当
動機付け支援: 初回面接で生活指導プログラムを作成し実行、6ヵ月経過後に成果の確認
積極的支援: 初回面接で生活指導プログラムを作成後、指導のサービスを受けながら
実行、6ヵ月経過後に成果の確認
メタボリックシンドロームの予防・改善には
1に運動 2に食事 しっかり禁煙 最後にクスリ
これまでよりもプラス1000歩、腹八分目など